Homeにもどる
ChalChal  member

音楽教室もやっています!

YATCH 

 

YATCHのギター教室はこちら

(やっち)本名:相沢恭行 シンガーソングライター 宮城県気仙沼市出身。15歳からギター弾き語りを始める。1996年までバンド「吟遊詩人」の歌&ギターで関東・関西でライブ活動。 2003年イラク戦争中に平和活動「人間の盾」に参加し、後にNGO「PEACE ON」設立しイラクの障がい児への通学バス支援からイラク現代絵画展、イラク美術家招聘など文化交流を始める。 2015年音楽活動再開し全国各地でトーク&ライブ活動を展開。アラブ音楽もとり入れ、オリジナル曲の他にアラブの民謡に日本語訳詞をつけて歌うスタイルを確立する。2017年〜2019年イラク市民デモ応援メッセージなどの動画がSNSで数十万回再生されイラク中心にアラブ諸国で話題になる。2019年12月YATCHシングル「役に立てなくてもいい」全国配信リリース。渋谷クロスFM 「Saturday ☆バンド☆フィーバー」ラジオMC(隔週土曜) ↑Homeにもどる

荻野仁子

荻野仁子のウード教室はこちら 

(おぎのさとこ)福島県出身。ウード弾き。 3歳より大学入学までクラッシックピアノを学ぶ。その後エジプト、チュニジア等への渡航を重ねるうちウードと出会い、2003年チュニジアの国宝といわれるウード奏者、故アリ・スリティ氏の弟子である常味裕司氏に出会い、本格的にアラブ音楽・演奏法を学ぶ。松本泰子氏に歌唱師事。
2016年にスペイン、モロッコ、エジプトへ渡り地中海音楽への見聞を広めながら演奏活動をし、音楽は国境を超えて通じ合えることを体験。クルド音楽・セファルディ音楽・ペルシャ音楽も演奏する。トルコ文化センターウード講師。
2018年秋1stアルバム「さとうた」完成。 2019年11月放送NHKスペシャル「食の起源」サウンドトラック参加。

↑Homeにもどる

船原徹矢

 

(ふなはら てつや)パーカッション:南アジア〜中東の打楽器を用いてアラブ/トルコ音楽他様々なジャンルにて演奏活動中。
南アジア〜中近東の楽器を操るパーカッショニスト。 大阪芸術大学卒。大学在学中より映像制作、卒後ライター活動を主に世界60カ国以上を旅する中、様々な文化・音楽に触れ、太鼓で詠うことの素晴らしさを知る。
インドにてPt.Ishwal lar Mishra氏にタブラバヤを師事。渡印を重ねる。 Glen Velez氏に世界各地のフレームドラム奏法を集約した、コンテンポラリーテクニックを。立岩潤三氏にアラブリズムの基礎を師事した後、エジプト、トルコ、イタリア、スペイン、ネパール、ベトナム等、世界的パーカッショニストに学ぶ。
その後チュニジアにてLotfi Batuta氏にレク(中東タンバリン)の伝統的奏法からモダンまで様々なスタイルとリズム理論を学び、数少ない日本人演奏家としてアラブ音楽、トルコ音楽等で演奏。ダラブッカ等も操り、ロマ、ジャズ、ラテンなどとのセッションやコンテンポラリー、ダンサーとの共演も多数。都内を中心に活動。枠太鼓による独自の世界観を追求する。↑Homeにもどる

にて