gino satoko
top   live schedule   mail    
 
 

Profile:
荻野仁子(おぎのさとこ)福島県出身。ウード弾き。 
3歳より大学入学までクラッシックピアノを学ぶ。その後エジプト、チュニジア等への渡航を重ねるうちウードと出会い、オリジナル音楽でのバンド活動を始める。2003年チュニジアの国宝といわれるウード奏者、アリ・スリティ氏の弟子である常味裕司氏に出会い、本格的にアラブ音楽・演奏法を学ぶ。松本泰子氏に歌唱師事。 2011年アブダビのウードハウスにてエジプト人女性ウード奏者Sherine Tohamyカイロではヘルワン大学音楽科Khairy Amerと交流。ウードを弾きながら歌う女性アーチストとして、エジプト・トルコ・クェート大使館等での演奏や、高円宮久子妃の前での演奏、IRIBイランイスラム共和国国営放送・国際放送ラジオ日本語へ出演、日本アラブ首長国連邦協会機関誌での表紙を飾る。2016年にスペイン、モロッコ、エジプトへ渡り地中海音楽への見聞を広め、 海外のライブハウス等でも演奏を行う。


新宿トルコ文化センターにて20172月よりウード教室が始まりました★
  トルコ文化センター内 ウード教室詳細↓     
  http://www.turkeycenter.co.jp/images/oshirase/ud-dersi.jpg



出張個人レッスンやりますこち(メール)にお問い合わせください
 


★演奏・イベント
承ります★
各種パーティー・イベントなどでの演奏、訪問演奏、小中学校の鑑賞授業・喫茶店・レストラン・ギャラリー・美術館等での演奏、ゲスト出演など。様々なジャンルの音楽や歌をご用意いたします。自作の紙芝居「アリババと40人の盗賊」「AIDA」「安寿と厨子王」の弾きがたりもやっています。
演奏時間等についてはお気軽にこちら(メール)でご相談ください。


記事・メディア等
・イランラジオ日本語(放送2014.08.15)の「金曜広場」という番組で、タンブール&セタール奏者でもある北川修一さんによるイラン西部クルディスタンの音楽とウードの魅力に関するインタビューが放送されました。こちらのサイトからもう一度聴けます。
・「常陽新聞」2014年5月21日(水)
ひと欄に掲載
・「日本音楽舞踏会議
機関誌『音楽の世界』2013年2月号」記事掲載
・「日本アラブ首長国連邦協会 協会機関誌『UAE』2013 Spring」

 表紙及び記事掲載
FM湘南ナパサ78.3MHz 毎週木曜日19:30〜20:00「湘南シティコネクション」 
  荻野クリニックで生出演 2012年8月16日

 

★CD★
オリジナル歌CD:「大福Daifuku」
全作詞・作曲ウーディさん3曲入り1000円。残り僅か。ご注文は
こちら(メール)まで♪

 1.俺は園長 〜MY PRECIOUS〜
 2.John. Do愛のブルース
 3.あのね、ももちゃん

 

 

★さりげなく自作の詩★ 1号2号